ニュージーランド・海外

にゅ~じ~。46

ニュージーランド。

クライストチャーチに住んでいましたが、足繁く通うレストランがありました。

レストランと言うより、食堂でしょうか。韓国食堂。

前にもしゃべりましたが、ニュージーランドのオリジナル料理は特に無いです。そも代わりに各国のレストランが多く、色々な国の味が楽しめました。

お気に入りは韓国料理。韓国料理がお気に入りと言うよりも、あるお店がお気に入り。

店の名前は忘れましたが、大阪屋の斜め前にある小さなお店です。韓国人のおばちゃんが一人で切り盛りしていました。

この、お世辞にも愛想があるとは言えないオバちゃんの作るチャーハンが旨い。お気に入りは「キムチチャーハン」。

ちょっと炒めすぎだろうと思わせる、絶妙な香ばしさが病みつきになります。ちょっとお金のあるときは「海鮮チャーハン」をオーダー。これも旨いです。

現在もオバちゃん元気に炒めてるのかなあ?又食べたいですね。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

にゅ~じ~。45

ニュージーランド

ニュージーのご飯について。

ニュージーのご飯って言われても何も思いつきません。肉ですかねえ、肉?

主食は、ジャガイモ・パンです。パンは種類が多く、スーパーでも多くの種類が手に入ります。基本おいしいです。白食パンより黒食パンの方が好きでした。甘味があって味が深いです。

米飯については、正直ビックリ。

ジスがご飯を作ると言ったので、料理を見てました。

米をボールに入れ、お湯を入れます。そしてレンジへ。

えっ?電子レンジ??

出来上がったら、ボールに開けてお湯を切ります。

初めて見ました、電子レンジでのご飯炊き。

味はどうでしょう

う~ん。芯が若干残っているお粥みたい。お世辞にも美味しいとは言えませんな。ベチャベチャしてました。

このご飯なら、マッシュポテトも方がいいかも。

スーパーでは結構多くの種類の米が売ってます。電子ジャーも売ってますが、ニュージーランド人の米炊きは、電子レンジか鍋で茹でるのが主のようです。お寿司・海苔巻を結構食べているようですが、ご飯の違いは気にならないようです。

これで、米がおいしければ最高ですが、それじゃニュージーランドじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゅ~じ~。44

ニュージーランド

Dscn1419 ↑ニュージーランドの茄子、ミカンと梨。

デカ茄子です。

そういや野菜は大きくて大味でした。

野菜は日本と比較して安いです。種類も多くあります。ジャガイモは主食にもなるので、格安で大量に売られています。マッシュポテトは3日続くと飽きますけど。

果物おいしかったです。特にリンゴ

スーパーに行くと、リンゴにもランクがあり、やはり高いリンゴはおいしいです。シャキッと感が違う。

レジで店員に「このリンゴは?」って聞かれ「一番安いヤツ」って答えたのに、レシート見たら一番高い価格になっていました。何のために聞いたんだ?こういうところ結構適当ですね。

週末、青空マーケットに行ったら、大根売ってました。懐かしいので1本購入。味噌汁作ってみました。

みんな「なんじゃこりゃ?」って顔で楽しんで飲んでました。オイラにはスープ形式で出てくる味噌汁が面白かったですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゅ~じ~。43

ニュージーランド

ニュージーランドでのお父さんの仕事は、芝刈りにBBQ。

いや、ニュージーランドのお父さんでは無く、ピーターのみの仕事かな?いつもは、タバコ吸ってビール飲んでいるピーターも、このお仕事は進んでやってました。

ピーターの得意料理がBBQの時登場しますが、これが旨い!

「パウアシェルのパテ」

見た目は黒色のハンバーグ。

焦げたのか?と思わす外見からは、想像のつかない深い味わい。貝の甘味を凝縮し、歯ごたえも最高!!

パウアシェルはアワビの一種です。形は似ていますが、貝の色は全く違います。海のオパールと呼ばれ、貝の表面を磨きアクセサリー等に加工されます。ニュージーランドのお土産でよく見かけます。

以前ピーターが作る物と言えば、サンドイッチしか見たことが無かったので、この一品を食べた際は驚きました。

でも、オイラとピーターしか食べてなかったような??気もしますが。ケチャップをつけてどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゅ~じ~。42

ニュージーランド

Dscn1320 ↑庭にカモが遊びにきました。

クライスト・チャーチ市内を歩いていると、鳥が多いことに気付きます。

小川や公園が多く、鳥達には楽園のようです。

種類も多く、結構大きい鳥も悠然とあるいでいます。人間に慣れており警戒心もあまりないです。

日本で生活していると、カラスとスズメくらいしか見ませんが、ニュージーランドはバードウォッチング好きにはたまならいですね。

Dscn1332_2 ↑本当警戒心0ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゅ~じ~。41

Dscn1585 ↑BBQ(バーべキュー)

ニュージーランドでした事。

①バーべキュー

②バーべキュー

③バーベキュー

ってくらいBBQしました。⑤くらいに英語の勉強かな。

週末は友人宅でBBQ。帰ってくるとピーターがBBQの準備中って事もありました。(BBQはピーターの数少ない仕事の一つ)

ニュージーランドでのBBQスタイルをご紹介

肉を「これでもか」って位に買ってきます。魚介類も。

そして、「これでもか」ってくらいに食います。飲みます。酒豪さんは昼間からビール一箱飲んでいました。

以上、ニュージーランドのBBQスタイルです。

牛肉はサシの少ない赤身の肉で、これが旨い!価格も安いです。

ソーセージは日本の方がパリッとして美味しいかも(これ好みですね)。

もちろん〆はアイスです。通常リッターでアイスを購入してきますので、食べる量も半端で無いです。

数日でパンパンになりますので、BBQと合わせて運動することもお忘れ無く。

Dscn1586 ↑貝のオーブン焼き。

ちなみにニュージーランド人はアワビを食べません。魚屋で格安に売られていますが、猫の餌になるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゅ~じ~。40

ニュージーランド。

Dscn1217 ↑アカロア

 クライストチャーチより南東へ車で約1時間30分。

小さな港町。

ピーター・ジスとお散歩中。

ジスは散歩好き。歩くの好き。時間があると散歩に行くし、地元のハイキングクラブにも所属している。

感心するほどよく動くけど、何故かちょっと太め。ご愛敬ですね。

ジスは散歩中に誰とでもしゃべる。話終わった後に「知ってる人?」って聞くと、普通に「いや、知らない人だよ」って。

こんな感じだから、お店に行ったりすると店員と話まくり。黙ってレジ済ませるところ見たことないです。

ここアカロアは、フランスからの移民が多く入った場所で、フランス移民の面影が残っています。クルーズにイルカと泳いだりもできます。

散歩が終わるとお食事タイム。お洒落なお店やレストランも多いです。

帰り際にジスが一言「アイスクリーム食べるぞ」。やはりこれが、散歩での一番の楽しみですね。

Dscn1224 ↑???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゅ~じ~。39

ニュージーランド

Dscn1214_3 ↑アジアンマーケットでみつけました。

中国へ行っチャイナで見つけた、「微糖生茶」を超える物を発見しました。

日本食コーナーには異彩を放つ食品が多く、中でもコレは別格。埃を被っていながらも十分な存在感。思わず購入しました。

約100円

赤に黄色字「無害ですので安心してお召し上がり下さい。」って。

このセンスの無さ。そそられます。

Dscn1215 味はどうでしょう。

いや~懐かしい味。タイの砂糖入り緑茶や中国の微糖生茶を思い出させる甘さ。

まあ、お世辞にも美味しいとはいえませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゅ~じ~。38

ニュージーランド

前回ご紹介したコレDscn1145。何でしょう?

ニュージーランドに行くと寿司を売っているのをよく見かけます。

海苔巻が多いです。

ショッピングモールでもファーストフード的な感覚で売られています。

ハンバーガーにSUSHI~!わさびもどうぞ♪

町中にもお寿司屋さんがありますが、日本の本格的な江戸前握り寿司ではなく、海苔巻主体のファーストフード感覚の寿司屋が多いです。

あそこで本格的な生の握り寿司出しても売れないでしょうけど。

友達の韓国人女性が寿司屋でバイトしていました。

あっそうそう、↑海苔巻の画像は、その韓国人女性が作ってくれたものです。日本料理でも韓国人オーナーのお店が多く、従業員も韓国人が多いようです。

外国人に「寿司は何所の国の食べ物ですか?」と尋ねたら、「韓国」って答えが返ってくるかもしれませんね。寿司以外にも、面白日本料理を作っているお店もいくつかありました。韓国にも海苔巻はあるし、日本と同じような食べ物も多くあるようです。

もちろん、本格的な日本料理を出すお店もあります。全部が韓国人オーナーによる面白料理ではありませんけど。

海苔巻は韓国人も認める日本のファーストフードってことでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゅ~じ~。36

ニュージーランド

ある夜、ジスに「コンサートのチケットを買いに行くけど出かけないか?」と誘われました。

何故かパスポートを持って行けと言います。

それに、テンションも高い↑。いつも高いのでそれほど気にはならなかったが、その場所に到着して理解できました。

到着先は クライストチャーチ・カジノ。

入口ではセキュリティーチェックを受けました。パスポートはこの時に提示。入場は20歳以上、服装も軽装では入場できません。

豪華な内装に、中は結構な賑わい。バンドの演奏もありカジノに興じ無くても十分に楽しめる空間になってます。レストランもあり食事もできます。

ジスはカウンターでチケットを購入。5分で終了。

するとジスは「ちょっと遊んで行こうか?ちょっとだけね」と言って、スロットマシンに座りゲーム開始。オイラも様子を見てスロットルールを理解するとゲーム開始。

スロットは全部自動で、日本のスロットとはことなりストップする必要なし。オイラはすぐにスッカラカンになり、ジスのもとに。

ジスは絶好調で、数百ドルGET。

自宅に戻ると深夜2時近くに。

カールが笑いながら「カジノ行ってきただろう?勝ったのか?」って起きてきました。オイラはすっからかんだぞ。

ちなみに、クライストチャーチ・カジノは24時間営業で、ブラックジャック、ルーレットのテーブルゲームも楽しめます。ご利用は計画的に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)