« にゅ~じ~。25 | トップページ | にゅ~じ~。27 »

にゅ~じ~。26

ニュージーランド

今回はニュージーランドの歴史についてしゃべりま~す。

ニュージーランドには、もともとコウモリ以外の哺乳類が生息してなく、鳥類の楽園でした。その為に飛べない鳥も数種類生息しているわけです。

人間が入ってくることによって、動物が持ち込まれ、これらの鳥は今では絶滅の危機にひんしています。

巨鳥モアのように絶滅してしまった種もいます。

巨鳥モアは最大の種で3mになったというので驚きです。18世紀半ばには絶滅したと考えられています。(一部16世紀絶滅の説もあります)モアは人間の持ち込まれた動物による絶滅ではなく、人間による乱獲や森林の減少が原因と考えられています。

飛べないので走ってました。ダチョウみたいな感じでしょうか?

博物館でモアの復元模型を見ることができますが、デカさに驚きます。

Dscn1620_3 ↑キーア

高地にすむオウムです。好奇心が強く人間にいたずらします。

今回は鳥類のついてでした。次回からは歴史についてもっと詳しくしゃべって行きます。

|

« にゅ~じ~。25 | トップページ | にゅ~じ~。27 »

ニュージーランド・海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にゅ~じ~。26:

« にゅ~じ~。25 | トップページ | にゅ~じ~。27 »