« にゅ~じ~。28 | トップページ | にゅ~じ~。30 »

にゅ~じ~。29

ニュージーランド

ニュージーランドの歴史についてしゃべっています。1642年に最初のヨーロッパ人、オランダ航海者のエイベル・J・タズマンがやってきました。この時より約100年経過し、イギリス人、ジェームス・クックがやってきました。1769年のことです。

半年かかってクックは、ほぼ正確なニュージーランドの地図を作成しました。南島と北島の海峡も発見しています。(クック海峡)

ちなみに、ニュージーランドでいた番高い山は、3754mのマウント・クック(マオリ名、アオラキ)です。クック船長と同じスペル(cook)です。

そしてこの後、1790年頃からイギリス人が資源を求めやってくるようになります。

「クック船長」に「エンデバー号」。ニュージーランドでいくつか彼に関する本を読みました。クックについて紹介します。

クックは貧しい育ちでしたが、当時では異例の出世をし、伝説の南方大陸 (テラ・アウsyトリアテラ、Terra Australis) を求めて南太平洋を探索せよ、という指令に基づき、エンデバー号でニュージーランドへやってきました。その後オーストラリアへ向かい、クックの探検隊はオーストラリア大陸の東海岸に到達した史上初のヨーロッパ人となりました。このときオーストラリアの先住民族アボリジニとも接触しています。

これがイギリス人がやってくるきっかけとなった訳です。

クックはこの他にも、航海中に壊血病で船員を失わなかったり、初めて南極圏に突入したりと数々の偉業を成し遂げていますが、第三回航海中に、ハワイの先住民との小競り合いから命を落としています。

Dscn1598 ↑クライストチャーチ市内。

|

« にゅ~じ~。28 | トップページ | にゅ~じ~。30 »

ニュージーランド・海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にゅ~じ~。29:

« にゅ~じ~。28 | トップページ | にゅ~じ~。30 »